このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2013/07/14 Sun 18:38:48   -  その他ゲーム  

Scribblenauts Unlimited  edit

以前から気になってたScribblenauts UnlimitedがSteamのサマーセールで安くなってたので購入。
他のトコでも安くなってたりしたけどゲーム内容が内容だけにちょっと買うのを躊躇してました。
あとまあ最近ろくにSteamで買ってなかったのでお布施という意味でサマセ待ってたというのもありますがw

結構有名なゲームなんで説明はとくに不要でしょう。
英単語の綴りを学べるゲームですね。
記述した物がそのまま出現する不思議なノートを使って冒険し、様々な物事を解決していくって感じですか。

躊躇していた理由は至極簡単、英語がよくわからんというその一点ですw
何か困っている人がいる、じゃあその人の手助けをする為にドラえもんばりの不思議ノートに記述して何か出現させよう…でも英単語でってな感じなんで…
シチュエーションは絵で表示されてるし英文もざっとながらは理解できるんですが、じゃあいざその何かを出そうっていうのにその英単語が咄嗟に出てこないようだとちょっと厳しそうかなと。
システム面で見ても英単語を学ぶというよりは、うろ覚えな英単語の綴りを再確認できるといった感じです。

でもキャラはかわいいし、わかんないなりにも何とかなるんじゃね?というてきとーな感覚で買ってみました。
実際やってみたら意外と何とかなりましたしw

1373632791l.jpg
オープニングデモから。リリーちゃんのちょっと困った顔がかわいいw
ストーリーは主人公マックスウェルくんが不思議なノートを使って好き放題いたずらしてたらバチがあたって、妹のLilyちゃんがどんどんど石化してっちゃう状態に。
そのリリーちゃんを助けるためにマックスウェルくんは不思議なノートを片手に世界各地に冒険へ…
てな感じですかね。

1373632852l.jpg
チュートリアル的な最初のステージ。
最終的な到達ポイントはあまり冴えない子豚ちゃんを一等賞にしてやあげることみたいです。
何をどうすればいいかちょっと解りづらいですがその辺はちゃんとヒントが出てきます。

1373632873l.jpg
こういうのはバカな書き方ですw
ブタさんは既に居るので出すなら羽のみですね。
そして羽を出した後にブタさんにくっつけると。
実は以前に冒頭部分のプレイ動画を見てそれを覚えていたのでよく読まずにプレイしてました。
たしか羽を付けて大きくさせてたなあと。
だからこんなバカな事書いてるんですねw

1373633754l.jpg
達成するとこーんな感じ。
でかくて空飛ぶブタがよくわからんけど凄いから一等賞って事でしょうかw



Steamのカード対応ゲームだったのでカードドロップがてら遊んでましたがそこそこ面白くてついついやり込んでしまいました。
現在は全50ステージ中の30ステージぐらいまで進んでます。
それぞれの頼みごとや願い状況などの回答は一つではなく、何とかすればいいのでありとあらゆる手段が使えるのですが…なにぶん自分の英単語の語彙が非常に少ないので(小学生か中学生かってレベルw)、ノート使って出現させる物や付与させる技能は毎度毎度似たようなものにw
結局「こうしたらいいんじゃないか?」とは思いつくものの難解な語彙や言い回しだとどうしても避けてしまって同じような物を出してしまうんですよねえ。
あとその英語力の弱さからなんでしょうがプレイしてると意外と疲れます。

【英文を読んで何をすればいいのか考える→どうしても解らない語彙はググって調べる→ゲームに戻って入力する→ダメそうだったらまた最初に戻って考え直し】

ずっとこれの繰り返しなんで。
ぱっと頭に英単語が涌いてくるレベルの語彙力があるならまだマシなんでしょうが…

あとヒントが段階的に出てくるとは言え何をどうすればいいのか解りにくいシチュエーションも結構多かったですね。
例えばおとぎの国ぽいステージにあった場面。
井戸があってその横に少女がいて「その少女は何か願い事をしたがってる…」というようなシチュエーションがあったんだけど、何をすればいいのかさっぱりわかりませんでした。
「願い事なら神様とか女神様かねえ?」とgoddesとか入力して女神さま出したんだけど何も変わらず。
散々悩んだあげく結果的にプレイ動画見たら正解はコインでした。
コインを出して少女に渡すと少女は井戸にコインを投げ込んでお願いをするという感じです。
いわゆるお賽銭のような願掛けですね。
言われてみれば「あー確かに外国だとそういう風習ってあったかもー」とは思ったものの…
「俺は生粋の日本人なんじゃあああわかるかぼけえええええ!」と一瞬憤りましたw
まあ某ネズミの国にもそういうのあったし要はボギャブラリーとそれを結びつける発想力なんですけどね。
解答への手段を考える、その手段を実現させる為の英単語を考える、更に解らなかったら調べるという感じでかぼちゃ頭にはかなり辛かったw


ちなみに実績のShardコンプに関しては完全に攻略wiki見ながらやっております。
あんなの絶対わかんねーよw



1373632791l.jpg1373632807l.jpg1373632852l.jpg1373632873l.jpg1373633743l.jpg
1373633754l.jpg1373634658l.jpg1373635419l.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/1367-9d15e40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。