このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2014/07/28 Mon 18:10:07   -  雑記  

わんがん模型祭り2014夏 in ちば 2  edit

わんがん模型祭り2014夏 in ちば 1からのつづきー。

さあ企業スペースの更に込んでる奥地へっと足を進めておきます。
20140727_033.jpg
おー!
これはアニプレックスの黒ほむほむのとこですね。
もちろんこの下には黒ほむほむのこのポースのフィギュアが。
なんで写真ないのかって?
混んでて近づけなかったんだよ!
さすが腐ってもまどマギ、人気は健在だなw
かろうじて後方からなら撮れそうな場所まで近づけたんだけど…
そこからじゃ顔とか全然映らなかったからなあ。
んですきまからこっそり見た感想。
足が細いw
いや自分も映画見てないんで詳しくは語れないけど、悪魔ほむほむは成長しし比率として若干細くなったようねイメージははが確かにあるのよ。
でも思ってたよりも更に細い感じに仕上がってたなあと。
ほむほむは、というかまどマギは全体的にもっとむっちりしてないとw

20140727_034.jpg
黒ほむほむは撮れなかったけどこっちはかろうじて撮れました。
舞妓まどかですね。彩色済です。

20140727_035.jpg
こっちは舞妓マミさん。
個人的にはマミさんのほうが好きですね。

そうそう人気の艦隊コレもちゃんと撮ってきましたよ。
20140727_036.jpg
ほらっ!

…うるせーなこれしか撮れなかったんだよwww
自分が艦コレコンテンツ自体にそれほど興味が無かったというのもありますが、艦コレ関係の展示はどれもこれも人気で完成品や製作途中の物はにはどこもたくさん人が並んでいて人たくさんいてねえ…
「いちおー人気だし…撮っておくかー」とこれを撮ってきましたw

いやでもほんと人気あって艦コレ関係はどこも人だかりでしたよ。

20140727_037.jpg
んで次に人気ありそうだったのがこれですね。
写真はセガプライズのクレーンゲーブースのラブライブかな。
艦コレ同様にこちらも展示のあるとこはどこも人だかりでしたね。
ラブライ豚めがああああああ!

20140727_038.jpg
さてさてやって来ました地獄のグッスマスペース。
入口の巨大展示はテラフォーマーズで等身大の…ゴキ人間だっけ?w
ちなみにこちらも先ほどの阿部さん同様、スタッフに声をかければ誰でもステージに上がって記念撮影ができるようでした。

20140727_039.jpg
もう一つの巨大(といってもそれほどでもないが)オブジェは艦コレの…なんだこれw
ちなみに写真下側は人でごったがえしておりろくに近づけませんでした。

20140727_040.jpg
おおおおおおおおおお!
なんとFigmaにお馬さんが!
その名も「
そのまんまだなw
でもこれ以外に人気あって通りがってる人で「あーこの馬ほしー」と言ってた方はけっこう居ましたね。
にしてもFigmaの精度で動く馬フィギュアかー。
欲しいなー。

ちなみにグッスマのこの中央展示スペ^ースには当然「馬」以外の物もたくさん展示してありましたよ。
自分が根性なくて並んで撮らなかっただけで。
だからここいつもいつも人多すぎなんだよwww
あとたとえ写真撮っていても、人ごみの中で強引に撮ったりしてたから酷いのが多くて。
お願いだから人が並んでるとこや撮ってる前に割り込んできて撮り始めないでーw

20140727_041.jpg
おや。
ウェディングドレス風の衣装に惹かれましたが…

20140727_042.jpg
30cmドールくらいしょうかね。
顔と体躯バランスがちょいと特徴的で人を選びそうなデザインですが個人的に好きかも。
3Aってのはなんのコンセプトかって事がいろいろ書いてあったような気もするけど…忘れたw

20140727_043.jpg
おお、デッスペだ。
見慣れたゲームタイトルだったんでつい撮ってしまいました。

20140727_044.jpg
これは自動で動くフィギュアという物。
外装はありませんが骨格だけの小さいフィギュアが確かにカクカクと動いております。
ふむ。

20140727_045.jpg
仕掛けはこんな感じ。
なるほどw

フィギュアの台座部分が若干大きめに作られており、その中にはたくさんのサーボモーターが仕込んでありあます。
各サーボモーターにはフィギュアの足を通して体全体の各関節へワイヤー(テグスですかね)が繋がっており、サーボモーターでそのワイヤーを引っ張る事によって各関節が動作するという…
逆さあやつり人形とでも言うべきでしょうか。
上から各部位に糸を吊るして操作するのではなく、下から体を通して各部位に繋がれた糸を引っ張り操作すると。
基本的名はアイデアとしては似たようなおもちゃで昔から有りますが、それをフュギュアでやるってのはなかなかです。
しかもサーボの数が凄いしw
もちろんこれだけのサーボモーターをラジコンのように手作業で操作するのはほぼ無理なんでコンピュータ制御となっております。
当たり前だよね。

20140727_046.jpg
お、蟲ブギョーだ。

20140727_047.jpg
名前なんだっけ?
というよりこれもろくに見てなかったからなあ。なん蝶々のえらい人…だったようなw

20140727_048.jpg
ん?
この人は白がデフォだったんだっけ?それともメタモルフォーゼでさっきの黒から白になったんだっけ?
記憶があやふやどろこじゃねーなw

20140727_049.jpg
しかし何で自分はこんなにムシブギョーばっかり撮ってんだ?

20140727_050.jpg
なんか見っけたかぼちゃのフィギュア。
ちょっとイガイガしてる。

20140727_051.jpg
またもやチェインバーヘッドがありました。
前々回だったかな?その時もあったし、ガルガンなんて旬は過ぎたから巨大オブジェ置くほどの…
あああああああ!

20140727_052.jpg
この前の時とはディティールが桁違いです!
しかもちゃんと開いて乗る事ができるみたいですよこれ。
ざっとしか見てませんがおそらくコレも一般の方が乗って気炎撮影できるんじゃないかな。

20140727_053.jpg
これはシドニアの騎士に出てくるロボをイメージコンセプトにしたバイクですかね。
…すみません、シドニア全然みてませんでしたw
たぶんロボじゃないかなっていうイメージだけで文章書いておりますw

20140727_054.jpg
バイク自体は近未来的なカウルを追加されてかなりかっこいいものになっております。
ヘッドライトが付いてますけどこの形状だとちゃんと走行もできそうですね。

ちなみにこれも搭乗しての記念撮影が可能。
体感する、乗ってみるというのが今回のWFのテーマなのか?



続きはわんがん模型祭り2014夏 in ちば 3へ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/1570-8e050e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。