このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2014/08/01 Fri 23:40:48   -  雑記  

いろいろやってみた結果  edit

Eドライブがなくなっっちゃったよどうしよう事件の続き。
どうやら完全に死亡したみたいですねw

まずゲーム入れすぎで容量がけっこうぱっつんぱっつん状態だったのでいろいろとアンインストールしてみました。
Steam関係のゲームを削除したかったのですがなにぶんSteam自体が立ちあがらないという状況なもんで…
泣く泣くシドメイヤーおじさんのレイルロードを削除w
全然やってなかったからいいんだけどね。
他にもそこそこ容量食いつぶしてたベンチやSteamゲー以外をアンイストール、さらにSteamゲーでアンイストール済みのゲームの残骸フォルダも手動で削除していったんですが…
再起動すると全部復活してやがりましたw

インストール情報は消えてたのですが肝心のファイル群はそのまま残ってたという状況。
それらをもう一度手動で削除してみるもゴミ箱を空にしようとすると、例によってディスクアクセスLEDがつきっぱになり、そのまま放置してるとEドライブが消えちゃうという感じ。
状況は昨日と全然変ってませんでした。
だんだんと状況が掴めてきましたよ。

試しにEドライブ直下にフォルダを作りてきとうなファイルを一つ入れてシャットダウンしたところやはりシャットダウン時にディスクアクセランプつきっぱになります。
そして再起動をかけると先ほどのフォルダやファイルは全然反映されてないような状態。
どうやらReadは出来るようですがWriteが全くできないみたいですね。
こうなってくると昨日BF4練習場がプレイできたのもなんとなく理解できてきました。
Readは出来るのでメモリに読み込んだけ状態でプレイしててだけのようです。
そりゃ何らかの書き込み動作はあるのでしょうが遅延書き込みのおかげでSSDのフラッシュメモリへの物理的なWrite動作jはしてなかったんでしょう。
そんでSteamですがSteamクライアントは頻繁にアプデがかかるのでSteam起動時のアプデでダウンロードこそ出来るものの、実際のアップデート操作であるファイルの更新などをやってるうちにWrite動作が始まってしまうのでしょうね。
その時点で書き込み不能となり例のアクセスランプつきっぱの状態となるのかと思います。

これはもうSSDが完全死亡してる状態ですかね。
いわゆる既存のメモリ内容保護の為にWrite動作があると物理的にドライブを停止させてしまうんじゃないかと。
だからEドライブに物理的にメモリ内容変更を加えるような状況になるとEドライブが落ちてしまうと。

試しに負荷でもかけてみようとDiskMarかけてみるとこんな感じ。
20140801_002.jpg
ダメだこりゃwww

念のためPC開けてSATAケーブルを別の物に変更し、接続してるportも変えてみましたが状況は一向に変わりませんでした。
これはもう新しくゲーム用SSDを新調するしかないようですね。



…といいつつ既に昼間から新しいSSDを探していたりしてw
折りしもつい最近某所でこんな記事が。

10年保証でゲーム向けのSanDisk製SSD「Extreme PRO」が発売 (AKB PC Hotline)

やべえ欲しいwwww
このようなSSDのトラブルに見舞われると10年保証という言葉に裏打ちされた信頼性に大変心が惹かれますね。
ただ値段がねー。
480GBモデルで3万5千円ほど。
もうちょい奮発して5万ほど出せばCrucialあたりの1Tモデルも視野に入ってくるんですよねえ。
容量をとるか信頼性をとるか…
記事見ると960GBモデルもあるようだけどまだ未入荷みたい。
入ってきたらいくらぐらいなんだろうなあ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/1577-d2d5481b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。