このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2014/10/26 Sun 16:43:48   -  その他ゲーム  

かぼちゃ電車でごー  edit

仕事(それとカード出しw)に忙しくなかなか書けませんでしたが一段落付いたので久しぶりに。
まあ最近はドンスタばっかでSS撮ってなかったというのもあったけんだけど…
ドンスタはプレイしてると1分1秒が惜しくなるのでSS撮ってる暇がありません。
つーか画面も地味だし。
あの手の忙しさというSS撮ってもあまり面白味が無いことといいRTSとかに似てるよね。
あんまやった事ないけどw



そんでここ近況ですが昨日久しぶりに新作ゲームを発売日買いしました。
新作…と言えるのかね。DLCだったんだけどw
買ったのはこちら。

The Count of Monster Disco
he Count of Monster Disco

かぼちゃ電車きたああああああああああああwww

もうこのバナー見た瞬間に欲しくなってしまいました。
しかも定価980円のところをハロウィンに合わせたセールでなんと半額480円!
こりゃもう買うしかないっ、とは思ったものの…
気になるのは右側にでかでかとある TS のアルファベットです。
こりゃ例のあれっすよね。
電車マニアが日夜プレイしまくってるという伝説の電車ゲーTrain Simulator
電車ゲームというよりほんと電車の運転を楽しむという一般人には理解しがたい鉄御用達のゲームであります。
どっかのバンドルでTS2012だか2013だかを買ってたので確か最新のTS2015も確か遊べたはず。
TSシリーズ持ってると新たに買わなくても自動で最新のタイトルナンバーにアップデートされるのよ。
2013とか2014とか毎年の如く発売され、その度に新たに買わされる事の多いゲームでこれはなんと良心的…
じゃないんだなw
リアル指向の電車ゲーというだけあって追加の街や電車などのDLCがとっても豊富です。
その数なんと189本(2014年10月26日時点)
しかもその一つ一つがゲーム本体並の値段で大体1本1000~4000円ぐらいするし…
DLC全部購入した場合はDLCだけでなんとお値段40万円!
正に鉄ヲタを狙い撃ちしたあこぎなDLC商法!
そこに痺れる憧れる!

別に鉄じゃないしそんなやりたいゲームでもないからいいんですけどねw
ただSteam実績好きにしてみるとこのゲームちょっと問題がありまして…
なんとこのゲーム、実績が449個もありやがります。
そしてゲーム本体だけで解除できる実績はゲーム本体に付いてる少ない街と電車の基本セットのみ。
つまり…
大量の実績を解除するには大量のDLCを買わなくちゃダメってことだよっ!
正に実績ヲタを狙い撃ちしたあこぎなDLC商法!
そこに痺れる憧れる!

1っこ数百円のゲームを買うかどうか悩み、200円のゲームがセールで50円になっただけも歓喜する私にとって40万かけて全実績解除とか無理っすw

まあそんなこんなでかぼちゃ電車も「かおうかなーどうしようかなー」とちょっと迷ってたんですが…
ストアページをよく見てみるとDLCアイテムページの上部にある「このゲームをプレイするにはベースとなるゲーム本体のうんぬんかんぬん」の文字がかぼちゃ電車には見当たりません。
内容的に見てもTSのロゴ的に見てもどう考えたってTSのDLCにしか見えませんが…
うむむ?

そこで去年だか一昨年だかの事を思い出しました。
なんかクリスマスだかゾンビだか忘れましたがTS無しのスタンドアローンで動くシーズンネタ的なアイテムがありましたよね。
何と言うか Viscera Cleanup Detail に対する Viscera Cleanup Detail: Santa's RampageViscera Cleanup Detail: Shadow Warrior のような感じで。
という事はあれか。
TSのシーズンネタでハロウィン電車もスタンドアローンで出してきたって感じなのかな。
だとしたらTS本体はインストールも起動もせず実績にもなんも絡まない可能性が。
よっしゃ買いだ!買えええええ!!

ということで結局買ってしまった訳であります。
新作発売日買いしたのは久しぶりだぜっ!
480円のDLCだけどねw



んで買ったはいいんだけど、内容はどんなもんか早速インストールしようとするもゲーム本体が見つかりません。
タイトル名The Count of Monster Discoで検索かけても一向に引っかかりません。
念のために手動で 'T' と 'C' のとこをじっくり探してみてもやっぱりありません。
ストアページに戻ると「あなたは所持しています~」と出るのは買えたのは間違いないはずなんですけどね。
もしやと思ってTS2015の方のゲームプロパティを開いてDLCの詳細を見てみるとそこには The Count of Monster Disco の文字が。
結局TSのDLC扱いかよwww
鉄でもないのにかぼちゃ電車を遊ぶ為にTSを起動しなくちゃならんとは。
つーかインストールもしなくては。
くそうちゃんと確認すればよかった…

まあ買ってしまったものはしょうがありません。
観念して電車マンになるとしましょう。
かぼちゃ電車も見たいいしね。



1414201420l.jpg
ということで遂にあの電車ゲーと起動することとなりました!
というかいつにもまして前置きがなげえええええ!
さっさとSSを貼れとw

1414201435l.jpg
ああいかにも電車スキーが好みそうなタイトル画面ですね。
電車スキーの人達は「なになに系のここの曲線ラインがいいんだよ」とか言ってるんでしょうか。
常人には理解しがたい世界であります。

真面目な話、通はTSのことをRAILWORKSと呼ぶんでしょうかね。
なんかTS関係のサイトを見ると必ず「RAILWORKSは~」みたいな感じで書かれてるような気がします。
wikiをちょっと見てみると、元々はRAILWORKSというタイトル名でそれが年度を重ねるごとにTSの名前に変化していった感じみたい。
なんで昔からやってる電車ゲー通の方々は「RAILWORKS」というような呼び方をするんでしょうか。

さて始めたはいいけどどうしましょう。
かぼちゃ電車スタンドアローンなら操作や説明もそれに特化してるはずと軽く見てたのですが、TS本体のDLCとなるとちょっと話は違ってきそうです。
そもそも電車の操縦方法というものがまるで理解できていないw
車ならハンドルあってアクセルあってブレーキあって~みたいにゲームプレイせずとも大体の概念は解るのですが流石に電車となるとちょっと…
なんかレバーみたいのを引いたり押したりするぐらいは知ってるけど…というかそれしか知らんw

SSのメインメニューにアカデミーという項目があるのでとりあえずそっちへGO.
なんか電車の基礎とか学べそうじゃんw
そして行ってみたらチュートリアルという項目もあったんだけど…なんかメニュー項目に何も表示されないのよね。
アカデミーと言う項目もあって街や電車も選べるのようですがどこをどうすればプレイが始まるのかさっぱりわかりません。
ちなみに日本語はないので全部斜め読みですw

結局30分くらいアカデミーいじってたんですかね。
何も解らず何も進展しないので最初のメインメニューに戻ってまいりました。
こっちもアカデミーの中のアカデミーのように(ややこしい言い回しだなw)似たように街や電車やシチュエーション等が選べるモードがたくさんありました。
だけどこっちで進めちゃうといきなり電車でGOが始まるんじゃね?
試しにてきとーに選んでみるとは一人称視点によるなんかの電車画面が出てきてしまいました。
だから何をどうすればいいのか解らないんだってばw

そんな感じで選んではキャンセルして戻るみたいにメニューのあっちこっちを巡ってる内にだんだんと疲れてきてしまいました。まだ全然プレイもしてないのにw
そもそも電車好きじゃないしなー、もうやめちゃおうかなー…つーかカボチャ電車はどこあるんだよ!!
結局1時間くらいかかったんでしょうか。
なんかのゲームモードのとこにそれっぽいカボチャ電車の絵をやっと発見。
絵柄のみで判別するとは正に幼稚園児並。
電車の操縦の基本概念やゲームにおける操作方法など全然理解できてませんがもうだんだんと面倒くさくなってしまいました。
かぼちゃ電車だけ見てさっくりやめよう!
そもそも電車好きじゃねーしw


ということでカボチャ電車のはじまりはじまり~!
1414202573l.jpg
なんかいきなり実績が解除されておりますがw
1/449の実績を解除して残り448個になったよ!
やったね!

1414202577l.jpg
しゅっしゅっぽっぽしゅっしゅっぽっぽ、しゅ~!
かぼちゃ機関車しゅっぱーつ!

基本的には電車を操縦して遊ぶものなんですが、ゲーム的に見るとミッションがいくつかあってそれをこなしていく感じのようです。
このハロウィンDLCでは全部で8個のミッションがありました。
マップは全部同じでハロウィンタウン(でいいのかな?)を周回するような感じで線路が走っており、ところどころに分岐や引き込み線があって色々巡れるようになっています。
基本的にはこのマップのみを使いミッション毎に「どこからどこの駅まで何々を運ぶ」みたいな感じでミッションが分かれているようです。

で実際にプレイしてみたんですがいわゆるチュートリアル敵な操作方法はこのミッションで学べるようになってましたね。
まずはブレーキを一番上まで押し上げてから一番下にに下げて10%ほどにあげる。
これがどういう意味があるのはは全く解りませんがとにかくそうしなくちゃいけないようですw
次に前進か後退かを決めるレバーを前側へ100%倒す。
これは解りますね。前で前進、後で後退。ただ前方向へ何十%とかあるんでそこがよくわかりません。
なんだ?前80%だった時は前に80%進みながら後にも20%ほど進むのか?
そして最後はアクセル。じゃないかw
たぶん出力あげるとかそういうやつ。
これも前に15%ほど倒して出力が上げれば走りだすみたい。
レバーみっつだけなのかな。
操作パネルには他にもいっぱいボタンとか付いてるけど…説明がないってことは多分どうでもいいんだろw

思ったより電車かんたんだな!

ミッションも最初のは簡単なようです。
線路上にところどころ蜘蛛の巣があるのでそこを電車で通過して取っていけばいいだけみたい。
ルートや分岐なども最初から決まってるようで、とにかくまっすぐ(まっすぐじゃないか。前方向にのみ進むって事ね)進んでいくのみ。そんでカーブに差しかかったらブレーキをかけてスピード落とすと。
最初スピード上げたままカーブに突っ込んだら思いっきり横転してしましましたw

そんでスピード調整しつつ指示通りに全7個の蜘蛛の巣を獲って指定された駅にいけばいいんだけど…
何度やっても最後で必ずミッション失敗と出てしまいます。
駅に届かなくて途中で止まったりオーバーランしてしまったりは確かにしてるんだけどさw
それでも調整して駅に付けても終わりにならないのさ。
何度やってもミッション失敗となってしまうので、電車マニアなら必ず知っている当たり前のような動作を道中ででしていなかったせいでは?と疑い始めました。
たとえば…出発前には必ず警笛を鳴らすとか?w
鉄じゃないのでそんなマニアックな事は知りませんし教えられずに要求されても解りません。
さっさと先いくぜw

1414206585l.jpg
これは3ミッション目の貨車連結かな。

1414213564l.jpg
めーめー羊さんの貨車。
貨車ミッションは各所に散らばってる貨車をかぼちゃ機関車に繋げて指定の場所に運ぶというもの。
貨車はかぼちゃ号の後にくっ付けられるので、後退して接触したら連結ボタンを押せばいいだけなのですが問題はその置いてある場所。
貨車は6~7本ある行き止まりの引き込み線に配置してあるんで、どこ切替ポイントをどう切り替えて後退したり前進したりすればいいのかをいろいろ考える必要があります。もちろんポイント切替もプレイヤーが行う必要があります。
全体マップを見つつじっくり考えればさほど難しくはありませんが、操作に慣れてないのと考えてる時間とで結構時間を食ってしまいます。
ミッションそのものに時間制限は無いのですが、あんまりもたもたしてると水(機関車なんでボイラーの水が必要なのよ)が無くなってしまいミッションインコンプリートとなってしまいます。
実質の時間制限みたいもんですね。

そんで水なくなったりゲームオーバーや速度上げすぎで後退して貨車を吹っ飛ばしたりを何度か経験し、貨車を全部繋げてやっとこさ指定場所に着いたと思ったら…あああやっぱり終わらない!
指定の場所に着いても一向に終わる気配が無いのよ。
「あれー場所がずれてるのかなー」と微調整をするも一向に終わらない。
どうすりゃいいんだーと止めてからしばらく放置してたらミッションコンプリートのメッセージが。

どうやら停止指示の場合はじっくり停まってないとダメなようですね。
これで最初のミッションがクリアできない原因もだんだんと理解してきました。

指定駅に到着→ミッション終了メッセージが出ない→場所がずれてるのか不安になりちょっと動かして停まる→
まだ終了メッセージが出ない→またちょっと動かす…

どうやらこんな事を繰り返していたようです。
もう一度初めのミッションで貨車同様にきっちり停まっていたらすぐにミッション完了となりました。
逆にきっちり停まってさえいれば駅に停まる位置自体はかなりアバウトでもいけそうです。
時刻表や時計とにらめっこしながら運転するような神経質なゲームではなかったw

1414217962l.jpg
4ミッション目以降は全て旅客輸送ミッションでした。
指定された駅に行きお客さんを乗せてからまた別の指定の駅に向かうというもの。
ちょっと暗くてわかりにくいですがこれは魔女さん達を乗せるミッションですかね。
乗客や駅名などの地名も魔女や墓場なといかにもハロウィンっぽくていい感じです。

1414218485l.jpg
これはミイラのお客さんを運ぶミッションですかね。

1414218495l.jpg
うじゃうじゃとおり電車が停まると皆乗ってくれます。
駅着発ミッションでは指定駅に停まると操作パネル左側に赤いバーが伸びてくるようになります。
おそらくこれが停車時間なんでしょう。
これが右側いっぱいまで来たら発車すればいいようです。たぶんw
ドアの開閉ボタンもあるようなのですが…なんか開けたまま走ってたような気もするし別にそれほど気にしなくてもいいのかなw

1414218561l.jpg
深夜のハロウィンタウンを爆走するかぼちゃ号。
ちなみにミイラのミッションまで来て初めてマウス操作による視点変更が出来ると気付きました。
貨車ミッションまで常に同じアングルからのSSなのは変えられる事を知らなかった為ですw
いやだってだー、全般的な操作が解らずに集中するあまりマウス操作は常に操作パネルの上でのみ行ってたのよー。そんで操作パネル右側には一人称視点とか三人称視点とか俯瞰とかいろいろ視点切替ボタンがあるのよ。
おあかげで視点変更もその決まったタイプの物しか選べないと思いこんでずっとそっちいじってました。
視点のアングル変更等はふつーにカーソルキーやマウス右ドラッグでぐりぐりで行えるようです。

1414218780l.jpg
さあそしていよいよ最終ミッションまで来ましたよ。
これまでと比べて難易度はいきなり跳ね上がってるようですが…

こちらではSSを獲り忘れてましたが、最終ミッションはスピードレースです。
電車でw
レースと書きましたが指定時間内にチェックポイントなる場所を通過していくタイプのものですのでソロでのタイムアタックみたいな感じですかね。
某パロゲーのように複線ドリフトオオオオ!とかは出来ねーしw
コースとなる部分を走行するように予め操作ポイントは切り替えられているのでポイント操作は必要ありませんし、電車なので当然ハンドル操作もありません。
プレイヤーが行うのはアクセルワークとブレーキングの2点だけ。
こりゃゴーカートより楽勝じゃね?と思いきや…

1414220336l.jpg
オーノー!じゃねえよw
遅くてゲームオーバーになってしまったようです。
意外と難しいな。
途中までは行けるんですが最後のほうでどうしても時間切れになってしまいます。
それじゃもっとスピード出すかと…
最初のほうは限界スピードを超えないようにとかなり慎重に走ってましたが、もうだんだんと荒っぽい運転になってまいりました。
限界速度の時速40マイル越えはは当たり前で直線コース50まで上げていきます。
そして急カーブ直前では思いっきりブレーキング。
コースはトンネルなどによるブラインドカーブも多く、ゆっくり走ってる分には見て確認してから十分間に合うブレーキもやがてかなり前から減速操作を始めないと間に合わないような状況に。
電車は急に止まれない!
もう速度出しすぎてカーブで脱線なんて当たり前、というか電車ゲーでコース覚えするとは思わなかった。
電車シムってもっとゆったりした物じゃなかったのか?!


しかし何度やっても時間切れでゲームオーバーになってしまいます。
ミス無くかなり早く走れたと思った時もやっぱり時間切れ。
しかもそんだけ速く走れてもゴールっぽいとこはまだ見えてこないし…あとどんだけ速く走ればいいんだと…

ん?ゴール?

おそるおそるミッション詳細を開いてよく見て見ました。
チェックポイントを順番に通過して…最後は駅に停まるのかよ!

クリアできずに時間切れになる原因が判明しました。
どうやらゴール地点である駅をスルーしてそのまま全開で走り続けてしまっていたようです。
そりゃゲームオーバーだわwww

いやー熱中するあまりついつい普通の車ゲー感覚でレースしてまってた。

という事で気を取り直して再アタック。
1414221600l.jpg
結果はあっさりミッションコンプリート…でもなかったw
かぼちゃ号のうしろ部分に黄色い色でデジタル数字が表示されますがこれが残りタイム。
残1秒ですねw
時間的にはそこそこ余裕で終着駅には着いたのですが勢いあまってそのままオーバーランしてしまいました。
んでっ!んでっ!んでっ!
慎重に後退してぎりぎり範囲に入ったかなーと思われる場所で停止。
なんかぎりぎりでクリアーできました。
実際には区間ごとのタイムチェックはかなり余裕があると思いますので、普通に25~40マイル程度で走ってても難なくクリアできると思います。
ゴール突っ切ってそのまま走っていかない限りw

1414221609l.jpg
ということでハロウィンお化け達のオールダンスでミッション終了!
おーるこんぷりーと~!
いろいろ走ってるうちにハロウィン実績も全て取れていました。
449個中10個の実績を解除。
やったねあと残り439個だ!



ゲームとしては値段相応のシーズンネタゲーですね。
ボリュームの少なそうですがまあ元々そういうDLCだしという事で。

しかしあれだ、こうもあっさり終わってしまうとは。
ハロウィンの夜に遊べばよかった…
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/1615-9bf783e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。