このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2014/11/16 Sun 16:07:05   -  その他ゲーム  

World of Guns: Gun Disassembly  edit

週末はSteamの無料で遊べるWorld of Guns: Gun Disassemblyというゲームをプレイ。
カテゴリ的にはゲームというよりシミュレーションソフトになりますかね。

World of Guns: Gun Disassembly

副題にDisassemblyという名前が付いてる通りメインコンテンツは分解図を楽しむというソフト。
小さな男の子のが好みそうな車や飛行機の透明分解図が載ってる図鑑とか、もう少し歳とってミリタリ好きになった男の子が読みそうな『銃の仕組み』とか『~年度版世界の兵器カタログ』とか…
あの頃の見てるだけでなんかわくわくするよるな気分になった分解図を手軽に楽しむ事ができるというシミュレーションですね。
まあ大人になった今でもわくわくしてるわけですがw

Steamに来た当時はその銃の分解組み立てにのみ拘った異質な内容でそこそこ話題にもなったんじゃないでしょうか。
無料ゲームで手軽に出来るということもあり、フレンドアクティビティを見ても「なにこれすげーw」的なノリで楽しんでるそこそこ居たように記憶しております。
ただそのあまりにもマニアックな内容と、基本無料だけどフルで全部楽しむ為には最終的に課金が必要ということもあって、あまり長々とプレイしている人はいませんでしたね。

私もFPSゲーム好きなレベル程度に「てっぽう」の類のアイテムは好きですし、無料ゲームで実績も付いてくるということで当時はかなり興味を惹かれました。
ただ実績についてフレンドアクティビティ(2chだったかな?)聞いたところ、「無料でもそこそことれると思うけど最終的にはやっぱ課金必要っぽいよー」との事で、結局はDLもせずにやらず終いでした。
銃の分解図や発砲メカニズムをPCで気軽に楽しめるのは確かに面白そうだけど…さすがにそれだけ見てニヤニヤできるほどのマニアでもないしねえw

そんなこんなで今後も多分やる事はねーだろと思いつつもウィッシュリストにぶち込んで放置してたわけですが、ハロウィンセール付近にこんなDLCが出ていいたのに気付きました。

World of Guns: Gun Disassembly - 4 Cars Pack DLC
World of Guns: Gun Disassembly - 4 Cars Pack DLC
こ、この車はあの映画に出てきたことで有名なデロリアン。
というかまんまあの映画仕様だなw

しかし私がもっと気になったのはデロリンじゃなくてこっちのほう。

World of Guns: Gun Disassembly - 4 Cars Pack DLC
おおおおおお…
ACコブラも分解できんのかこれえええ!?
(非常にどうでもいいですがハリは某漫画の影響でストライプカラーの427コブラとシェルビーGT500が大好きでありますw)

これを見てWorld of Gunsがいっぺんに欲しくなってしまいました。
まあ無料ゲームでクライアントが欲しくなるというのも変な表現ですが。
やりたいのは車パック、正確にはACコブラだけなので最初はセールの時狙ってそのDLCだけ買えばいいかなーと考えておりましたが、「そもそもやった事も無い無料ゲームの有料DLCだけをいきなり買うのは流石にどうなんだろ???」という極めて基本的且つ非常にアホな疑問に今更気付いたわけです。
ほんとバカだなw

という事でACコブラDLCを買う前にとりあえ本編を一通り弄ってみる事に。
DLC買うのはそれからでも遅くないしね。

1416053135l.jpg
日頃ゲームで慣れ親しんでるベレッタの、その変態的な構造を知ってびびる。
というか嫌になるw

チュートリアル含めて最初の銃はAK47でした。
その次にコルトM1911、通称コルトガバメントでしたね。
AKもガバも極めて古い銃なので部品数も少なく構造もかなり単純。
ガバメントなどは日本でもかなりメジャーな銃とも言えて昔から分解図や作動図など載っているのはよく見かけます。
私自身そういった物を読んだ経験もあり、ガバメント程度でしたらおおざっぱ分解知識は得ていました。
逆に言うと私の銃に関する知識はその程度で止まっており…
ベレッタの上側部分を分解してた時は口あんぐりでしたね。
「なんでスライド内部ににこんな細かい細工しこんであるんだよwwww」

しかしそう思いつつベレッタを見てみるとほんと優秀な銃だって事が解りましたね。
日常作業として行う通常のクリーニング整備(Ffield Strip)に於いては非常に分解が簡単に出来るようになっており、ガバメントと比べても手順が一つ二つ少なくいようでえらいシンプルだなあと思いました。
しかしいざ完全な分解整備を進めてみるとこれがまたえらい複雑で…
フレームやスライドの鉄の加工なども、ガバメントなどはただ鉄をくりぬいただけのようにしか見えますんがベレッタとなるとそれはもうほんと緻密で精巧で…
こりゃすげーわさすがベレッタさん米軍正式採用は伊達じゃねーわ!
と思いましたねw

というか100年以上前に作られた銃と比較的最近ともいえるベレッタを比べる事そのものが間違っているような…

しかしあれだね、ベレッタ程度でこんなにびびってたるなんて。
もっと最新の奇抜な銃の構造が出てきたらどうなるんでしょw

1416068848l.jpg
こちらはSIGのアサルトライフルですね。
ちょうど分解終わったところです。
SIGはスイスの銃器メーカーでとても精密で優秀な銃を作成してる事と、比較的お値段が高い事でも有名ですかね。日本でも拳銃のP220だかP228だかをどっか採用してなかったっけかな。
長物ではSIG550ぐらいならかろうじて知っておりますが…
その派生や進化バージョンとなるともうさっぱりですw

それほど好きな銃でもないのすが何故SSと撮ったかというと…

1416068871l.jpg
このライフルすっげー分解手順が複雑なのよ!
部品数もめっちゃ多いし。
機関部の分解手順を覚えるのにはかなり手こずりました。
まさかバネいっこずつ分解していけなければならないとか…しかも微妙に手順が入り組んでるし。
やってて
「銃はタフ&シンプルが基本だろ!AK見習えよばーかばーかばーか!
と訳のわからん憤りをぶちまけておりましたw

SIG550系も開発年は古いんですかね。
内部かなり古臭いというか鉄板の組み合わせみたいなそんなに凝った内部には見えませんでしたね。
その分メカニカルの部分の複雑な組み合わせにはかなり頭痛がしてきましたがw
スイスといえば精密時計などで有名ですしやはりそういった事でもお国柄が出てくるものなんでしょうか。

1416072005l.jpg
そして現在の進行じょーきょー。
シューティングレンジを3つ、銃は10個までアンロックできました。
うわーい!
今のところまだ未課金です。

それと課金要素ですが基本はゲーム内からポイントなりクレジットなりを購入するのが基本みたいです。
銃の分解組み立てでする事により貰えるEXPというポイントがあり、これを貯めて新しい銃やシューティングレンジをアアンロックする事が出来るようです。
分解組み立てを素早く行ったりミス無く行ったりする事でEXPをより多く獲得は出来るものの、先に進めば進むほど新しい銃をアンロックする為のEXPも多く必要になるのでなかなか分解手順を覚えるのが苦手な人にはなかなか大変そうです。
そういった方を対象にお金でEXPを買う事ができるようになってるみたいです。
つまりお金さえ払えばいくらでもアンロックし放題とw

もうひとつのポイントがクレジット。
これこそが有料コンテル用のポイントですかね。
最初に書いたACコブラなどの追加コンテンツはこのクレジットポイントを使ってそれぞれ単品で入手するのが基本みたい。
そういった感じ有料用通貨なのでEXPと違って未課金では入手するのは難しいみたい。
分解組み立て速度を競うデイリーランキングやそのそのデイリーTOP3に入る実績や報酬もあるので、もしかしたらそれらの報酬でクレジットも貰えるんでしょうか。

そしてStaamのストアで買えるDLC群はそその有料クレジットで買うコンテンツを種類ごとに一括でアンロックしちゃおうって商品ですね。まだ細かいとこ見てませんがDLCで買ったほうがお安くなってたりするのかな。
ちなみにストアで売ってる一番高いDLCは現在実装されてる銃と今後発表される銃を全てアンロックさせる為の物みたいですので、「銃の仕組みが好きだけどちまちまとアンロックするのはめんどーい!」って方にはお得かもしれませんね。

銃の分解組み立て構造を丸暗記する時間を節約できるという点に於いてw



銃の分解と組み立て、その作動構造を手軽に楽しめるというのが基本コンセプトでゲーム性はあまり無いとよく言われますが、未課金縛りでアンロックさせていこうとすると物凄い暗記ゲーになっていきます。
もちろんヒントもあるので一通りの分解組み立て手順はヒントを見ながら簡単にできるのですが、ミスなく分解する、なるべく早く分解するなどの報酬を狙っていくと必然的に分解手順覚えゲームにはなってしまいますね。

「あそこを外す前にまず必ずこちらを外しておいて…
「クリックしたらすかさず視点を向こうが側に変更して…
「ここは分解に時間のかかる場所だからクリックしたらすぐに別の場所をクリックしにいって…

こんな感で、分解組み立てを楽しむのではなくいかに効率よくバラして組み直すか、この一点に集約するような思考に陥っていきました。
もう銃の仕組みなんかどーでもいいわーみたいなw



LLtQもフルコンプしたので(しまった何か書くつもりですっかり忘れてた)Crewが発売されるまでドンスタと並行でもこの分解ゲーも継続してやってみましょうか。
あのACコブラも欲しいもんね。

そういえばVCDにも昨晩アプデ告知が来てたなあ。
砂虫に食べられろは実績はちゃんと動作してるのかな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/1623-237903cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。