このページの記事一覧

--/--/-- -- --:--:--   -  スポンサー広告  

スポンサーサイト  edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  |  △page top 

2012/05/28 Mon 14:56:12   -  その他ゲーム  

The Path  edit

ということで一昨日だかその前だかにやったThe PathのSSでも。
フォルダ同期ちゃんと出来てたw

昨日も書いたけど全然知らなかったんでちょっと前置き。
ベルギーのTale of Talesってとこから2009年に発売されたゲーム。
The Graveyarという某所では有名なおばあちゃんゲーム作ったとこの作品です。共にゲーム性に乏しくどちらかといと実験的な風合いを持つ作品が多そうですね。
今回正式に日本語ローカライズされたものがSteamより発売となりまた。

Graveyardのほうは無料版もあるんでお試しでやってみるのも一興でしょう。おばあちゃんを操作して歌を聞くだだけのゲームです。有料版にするとするとおばあちゃんが死ぬw


1337954552l.jpg
タイトル画面、というか作品ロゴもなくいきなりスターメニューになります。シンプルw
赤ずきんをモチーフにという事で赤い部屋、赤い衣服、赤毛等々、とにかく赤です。しかも
こ時点でもう怖いわw

1337954584l.jpg
この6人の中から一人づつ選択しておばあちゃんの家まで向かう事になります。
おばあちゃんちに着くと死ぬ(笑)のでメニューから消えます。最終的に誰も居なくなるのかな。
まずはこのローズさんを選択。選んだ理由は若草物語(アニメ)のベスっぽいからという訳のわからん理由w


1337954611l.jpg
1337954630l.jpg
やっとこさタイトルが出ました。これ毎回毎回見せられるのか。

1337954659l.jpg
実際のゲーム画面はTPS視点でこーんな感じ。
道なりに真っ直ぐ進むとおばあちゃんの家です。着くと死ぬw

1337954673l.jpg
操作方法はシンプル。
基本WAD(バックは出来ないのよw)のみで、シフトかマウス右クリ(左だったかな?)で走ります。
注意点はADのキーは横移動ではなく旋回キーということ。しかもその場旋回は出来ず、必ず前方へ移動しながらの旋回となります。この操作方法がまた微妙に森で迷いやすくなるよう出来てます。

1337954797l.jpg
表通り(?)は明るかったのですが一歩左右の森に足を踏み入れるとこんな感じです。
しかも一度森へ入ると境界でループしてるらしく決して自力では戻れません。

それで一体何をするのかって?ひたすら森を彷徨い歩くんだよwww

真っ暗な森を散策してると視界にちらちらした白い影が。
人か?と思い追っかけてみると…
1337954904l.jpg
森の少女こええええええええw
遠目で見たらエルフみたいな亜人間の森の妖精さんか思い和んだけど、アップになったらかなり怖い顔立ちです。

ちなみにこの子はナビゲート役みたい。
森の中の重要なポイント目指して走ったりしてくれるんで、見かけたら追いかけていけば色んな場所へ導いてくれます。

アクションボタンのような物は無く重要なオブジェや人の付近に行くと勝手に何らかのアクション(物を拾う、椅子に座るなど)を起こしてくれます。
なんでこの森の人が止まってるとこを見計らって近付くと手と手を合わせたり抱き合ったりとゆりんゆりんな展開に。
そしてそのまま放置してると…

1337954919l.jpg
お手て繋いで一緒に歩いてくれます。キマシタワーw
この状態で放置してると森の人は最初の明るい道まで連れてってくれます。
森の探検に飽きておばあちゃんの家で死にたくなったら連れてってもらいましょう。

1337955012l.jpg
白い少女にくっついて森を散策してたら何やら明るい場所へ。うむ?もしかしてあれは…

1337955040l.jpg
パンプキンヘッドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
かぼちゃ頭のスケアクロウマンさんです。
残念ながらこの場所は上からの強制視点になるようで、かぼちゃの顔アップは撮れませんでした。
撮れたらこの雑記のプロフィールフェイスに追加しようと思ったのにー。

1337955275l.jpg
重要な場所やオブジェに近付くとこのような詩的な少女のつぶやきが見れます。
ちなみに翻訳は映画字幕翻訳等でも有名な戸田奈津子さんだそうで。

1337955948l.jpg
車椅子があったので座ってみました。なんかこえーw
全部巡った訳じゃないから確かな事は言えないけど、明るい場所は先ほどのかぼちゃ案山子のいるとこと最初の道ぐらいで他は全部こんな感じで暗いですね。
またオブジェも全ての少女でイベントが発生するわけではなく、何も起こらない場合もあります。
先ほどの森の人のような感じでプライヤーキャラの顔アップがぶわーっと浮かび上がる場合があるので、その少女でプレイしてる時にイベントが起こるよって感じなのでしょうか。


さて、赤ずきんがモチーフということなんで当然オオカミさんもいらっしゃいます。
なんとなく想像できるかと思いますがオオカミさんはいわゆるケモノの狼ではなく様々な形状をとっています。
普通の俗っぽい兄ちゃんであったり、もやもやした物であったり、危険な事象であったり…
好奇心旺盛な年頃の少女達にとって、ちょっと危ない誘惑みたいな物でしょうか。
不注意や大人の悪意によって起こされたた少年少女達へ犯罪・事件みたいな物を抽象的に暗喩するような作りになっています。

そしてそのオオカミさんっぽいイベントに出会うと意識が飛んで…
1337958124l.jpg
自動的におばあちゃんの家の前にw
天気もどんより雨模様に変り、少女達も顔を項垂れ歩みも疲れ果てたようなゆっくりとした感じに変わります。

ここからはもう真っ直ぐ前にしか進む事ができません。
そしておばあちゃんの家の中へ…

1337958286l.jpg
家の中はこんな感じで全て真っ赤で不気味な感じ。視点も一人称視点に変わります。
一瞬キー操作を受け付けて自由に徘徊できそうな感じだったのですが、基本的には一本道です。
マウスクリックかWキーで前方操作をしてる勝手に進んでいきます。
直接的な残酷描写はありませんが、ひたすら不気味で犯罪・事件を思わせるようなカットインが入ります。
サブミリナルほどでは無いにしろ画面がノイズ交じりで様々なものがフラッシュしてくので、ポケモンショックな人は注意が必要かもしれません。


1337985619l.jpg
これは二人目のゴスパンっぽい感じの子かな。
これ以降はSS撮ってません。なんでかって?

森散策が果てしなめんどくさいんだよwwwwww

めちゃ広って訳でもないのですがイベント探しでひたすら森の中を彷徨い走るのは結構疲れるw
100歩かな?歩くごとに今までの足跡マップが表示されるんで、それを頼りに未踏破のとこを責めるんだけどマップ自体は数秒で消えてしまうので何処を歩いてるのかの把握がとっても大変。
おまけに先述の歩きながらじゃないと左右旋回出来ない操作性もあいまって、マップで足跡見たら全然見当違いのトコを彷徨ってた、なんて事がしばしば。
一度全部クリアすれば自由にマップ見れるらしんだけど…

オオカミイベント探しつつひたすら森を徘徊するのはとっても疲れました
精神的にw



1337954552l.jpg1337954584l.jpg1337954611l.jpg1337954630l.jpg1337954659l.jpg
1337954673l.jpg1337954797l.jpg1337954904l.jpg1337954919l.jpg1337955012l.jpg
1337955040l.jpg1337955275l.jpg1337955948l.jpg1337958124l.jpg1337958286l.jpg
1337985619l.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harriett.blog134.fc2.com/tb.php/933-70f6954b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。